にきびの治し方

お尻黒ずみ
  • TOP
  • >
  • にきびの治し方

にきびの治し方

治し方

思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が主な原因ですので洗顔を中心に対策すると良いでしょう。勝手に皮脂は生成されますので洗顔後はさっぱり系の化粧水がおすすめです。グリセリンなどで蓋をするような保湿は避けましょう。

大人ニキビの場合は状況によりけりですが、まずは肌の水分量や皮脂バランスを整えることが重要です。

女性の皮脂分泌のピークは25歳くらいで、ピークを超えると乾燥しやすい肌になってきます。乾燥すると一見皮脂が作らていないのでニキビが出来ないように思えますが、乾燥した肌は角質層が厚く固くなるため毛穴が塞がれてしまいニキビの原因になります。また皮脂の分泌が過剰でも同様に毛穴が塞がれてしまいます。

毛穴を塞ぐ原因は余分な角質や固くなってしまった角質層です。新陳代謝がきちんと行われていれば余分な角質は溜まりませんし、水分量が一定であれば柔らかく風通しの良い角質層がつくられます。

具体的なニキビの治し方の手法

まず、大人ニキビで見直したいのは洗顔です。スクラブ入りの洗顔料などでゴシゴシ洗うことは皮膚を刺激して傷つけたり過剰な皮脂の生成につながるので厳禁です。皮脂腺は刺激によって皮脂を作り出すので、なるべく刺激しないように泡で洗顔して余分な角質だけを落とすようにしましょう。また水分補給や保湿も同時に行えるような洗顔料であれば角質を柔らかくでき、風通しの良い肌に一歩近づけるでしょう。

また、スキンケア商品の選び方も重要です。洗顔後は皮脂がなくなり、余分な古い角質が取れた状態ですので、残った若い角質に保水を行ない柔らかいまま保つことが必要になります。保水性分としてはセラミドが近年では注目されています。また、さらに保湿となるとヒアルロン酸なども優秀です。ニキビ跡は色素沈着が起きている場合が多いのでビタミンC誘導体やプラセンタなどもいいでしょう。

オーガニック素材であればVCOに含まれるオレイン酸は抗菌活性作用をもち自然治癒力を高めるため赤ニキビなどの傷になってしまった肌荒れに効果的です。また、シアバター、蜜蝋、ホホバオイルなどの保湿成分も自然素材こその肌なじみがあり、昨今の女性に人気です。

お尻黒ずみランキング1位